いま、中国語を話せる人がますます求められています。
中国語は世界中で必要とされ、いまや英語を超える21世紀のグローバル言語です。
仕事に、受験に、趣味に、旅行に、スキルアップに。
現代社会において、中国語を翻訳できる人、会話できる人は、誰よりも貴重な人材です。

このサイトでは、中国語を勉強したいという方向けに、きわめて効果的かつ短時間で中国語を習得できる学習法や教材などをご紹介していきます。

中国語を勉強するメリット

世界を相手にコミュニケーションができる

中国語を母語とする人は13億7000万人です。
英語を母語とする人が4億人であることを考えると、その差は3倍超となります。
つまり中国語を学べば、英語の3倍の効率性でグローバル人材になれるわけです。

仕事に活かせる

いま、世界中で「裕福な顧客」としての中国人富裕層が注目されています。
この中国人富裕層ですが、その推定人口は1億人を超えると言われています。
中国語対応ができる人材は、あらゆる企業にとってノドから手が出るほど欲しい存在です。
中国語を学習すれば、それだけで就職に有利となります。

受験に活かせる

大学入試における関門であるセンター試験において、外国語の科目は選択式です。
選べる言語は、英語、ドイツ語、フランス語、韓国語、そして中国語です。
「英語がどうしても苦手!」という人が中国語で受験してみたら高得点を取れたというのはよく耳にする話です。

趣味に活かせる

中国を旅行したい。香港や台湾に行ってみたい。『三国志』を原著で読みたい。孔子の教えに触れたい。気功や風水を深く知りたい。太極拳や漢方を調べたい……。
中国語を学習すれば、趣味の幅がグッと広がります。
ひとつの言語を覚えるだけで、確実に人生が豊かになるのです。

日本人だから学びやすい

中国語を勉強する上での最大のメリット。
それは私たちが日本人であること
中国語を学ぶ際に最難関となる漢字という壁を、私たちは生まれながらにほぼ克服しているのです。

さあ、中国語を勉強しよう!

中国語を始めよう。中国語を勉強しよう

中国語は最近、世界で20億人以上の話者がいる、最もコミュニケーションのとれた言語の一つとなっています。顧客のほとんどが中国語を話すため、国際的な企業や事業所は、その言語に堪能な人々の支援を求めることを余儀なくされています。

ビジネスの世界では、中国語を話す人の需要が大幅に増加しています。中国語ができれば、満足のいく報酬で即戦力として採用される可能性が高いのです。

ここスタート中国では、世界で最も競争の激しい言語の一つである中国語の学習をお手伝いします。中国語の学習をサポートするために、様々な学習方法や効果的な教材をご紹介します。十分な努力と忍耐力があれば、すぐにネイティブのように話せるようになります。

中国語を始めよう なぜ中国語を学ぶ必要があるのですか?

中国語を学ぶことは、今の時代にできる最高の投資の一つです。中国には13億7000万人以上のネイティブスピーカーがいます。外国人を除いても13.7億人以上です。中国語を話せるようになれば、世界人口の18.47%の人と話すことができます。

もう一つ注目すべきはビジネスです。世界中の事業所のほとんどが中国人によって所有されています。彼らの言語を学ぶことは間違いなくあなたのキャリアを後押しします。さらに、それはあなたをグローバルに競争力のあるものにしてくれます。

中国語を学ぶメリット

世界中の人とコミュニケーションをとる

中国語は広く話されている言語です。どこに行っても、中国語を話す人に出会うことができます。中国語を学ぶことは、間違いなく他の人とコミュニケーションをとるための窓を開くことになるでしょう。

キャリアの新たな可能性を開く

中国語をマスターすることは、あなたが仕事を探しているならば、あなたにとって大きな利点となります。今日の国際企業は、その多様性を売りにしています。その結果、多くの企業が中国語に堪能な人を雇いたいと考えています。

ビジネスでの競争力を高める

中国は世界の商業の中心地です。すべての国際ビジネスはこの国に縛られています。それは機会で跳び、カーブの先にあるべきである理由である。

自信を持って旅行しなさい 

現地の人に理解してもらえない新しい場所に旅行するのは、とてももどかしいものです。中国語を学べば、どこに行っても簡単に移動できるようになります。あなたが中国やアジアに旅行していない場合でも、あなたを理解することができます誰かがそこにバインドされています。中国の人々は結局旅行するのが大好きです。

新しい言語を学ぶのは本当に楽しい趣味です。

多くの言語を学ぶことが趣味の一つになっています。世界が多様性に開かれた今、多くの人が自分の言語とは異なる言語を話すことに魅力を感じ始めています。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa