中国語

中国語検定とは? 内容から試験日、受験料まで完全解説!

更新日:

中国語検定(中検)とは、日本における最大の中国語資格検定です。

取得した際の認知性・実用性はまさに日本一。
就職時には強力な武器になるなど、英語でいうところの英検・TOEICに当たる資格です。

中国の経済的発展に伴い、国内外で中国人対応を迫られる場面は年々増えており、近い将来には「中国語の重要性が英語を超える」とすら言われています。

今回はそんな重要な中国語の検定試験において、日本国内で最大の受験者数・人気を誇る中国語検定試験(中検)の情報をまとめました。

概要

概要

正式名称:中国語検定試験
略称:中検
主催:一般財団法人日本中国語検定協会

試験日

年に3回。
日程は3月・6月・11月の第4日曜日。
申し込み締め切りは試験日の1ヶ月程度前。

受験料

郵送申込 インターネット申込
準4級 3,100円 3,000円
4級 3,800円 3,700円
3級 4,800円 4,700円
2級 7,000円 6,800円
準1級 7,700円 7,500円
1級(11月のみ) 8,700円 8,500円

試験内容

認定基準 試験内容
準4級 中国語学習の準備完了
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。
基礎単語約500語(簡体字を正しく書けること),ピンイン(表音ローマ字)の読み方と綴り方,単文の基本文型,簡単な日常挨拶語約50~80。
4級 中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。
単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語500~1,000による中国語単文の日本語訳と日本語の中国語訳。
3級 自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。
簡単な日常会話ができること。
単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語1,000~2,000による中国語複文の日本語訳と日本語の中国語訳。
2級 実務能力の基礎づくり完成の保証
複文を含むやや高度の中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができること。
日常的な話題での会話が行えること。
単語・熟語・慣用句の日本語訳・中国語訳,多音語・軽声の問題,語句の用法の誤り指摘,100~300字程度の文章の日本語訳・中国語訳。
準1級 実務に即従事しうる能力の保証(全般的事項のマスター)
社会生活に必要な中国語を基本的に習得し,通常の文章の中国語訳・日本語訳,
簡単な通訳ができること。
(一次)新聞・雑誌・文学作品・実用文などやや難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。
(二次)簡単な日常会話と口頭での中文日訳及び日文中訳など。
1級 高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証
高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語(例えば挨拶・講演・会議・会談など)の翻訳・通訳ができること
(一次)時事用語も含む難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。熟語・慣用句などを含む総合問題。
(二次)日本語と中国語の逐次通訳。
※1級合格者は通訳案内士試験の外国語筆記試験が免除されます。

出題方式および配点

出題方式 配点 合格点
準4級 リスニング(選択式) 50 60
筆記(選択式・記述式) 50
4級 リスニング(選択式) 100 60
筆記(選択式・記述式) 100 60
3級 リスニング(選択式) 100 65
筆記(選択式・記述式) 100 65
2級 リスニング(選択式) 100 70
筆記(選択式・記述式) 100 70
準1級 リスニング(選択式・記述式) 100 75
筆記(選択式・記述式) 100 75
1級 リスニング(選択式・記述式) 100 85
筆記(選択式・記述式) 100 85

※記述式の解答は簡体字の使用が原則ですが、繁体字の使用も可です。
ただし、字体の混用は減点対象になります。

※1級試験および準1級試験には二次試験があり、一次試験合格者に面接試験が課されます。

合格率

準4級 4級 3級 2級 準1級 1級
第87回 64.6% 43.1 27.9 18.9 15.0 4.5
第86回 82.0% 58.1 44.0 20.0 28.0 -
第85回 79.6% 57.1 35.7 24.7 11.4 -
第84回 79.7% 52.2 41.5 21.3 13.4 3.5
第83回 81.4% 62.5 44.2 23.9 21.9 -
第82回 77.0% 46.5 24.5 16.9 11.1 -
第81回 71.2% 45.3 27.4 19.3 10.9 5
第80回 72.7% 70.0 31.4 25.2 24.1 -
第79回 77.7% 48.9 34.6 30.2 15.2 -
第78回 76.2% 55.6 38.4 18.1 14.4 1.5
平均 76.0% 53.9 34.9 21.8 16.5 3.6

※第87回一次試験実施日:2015年11月22日

学習時間の目安

学習時間 目安
準4級 60~120時間 1日1時間の勉強で2~4ヶ月
4級 120~200時間 1日1時間の勉強で4~7ヶ月
3級 200~300時間 1日1時間の勉強で7~10ヶ月
2級 500~700時間 1日1時間の勉強で1年半~2年程度
準1級 1400~1800時間 1日1時間の勉強で4~5年程度
1級 6000時間 1日1時間の勉強で10年以上

※勉強時間の目安は人によって大きく異なります

級ごとの詳細

準4級

入門者レベルです。
公式サイトに「一般大学の第二外国語における第一年度前期修了、高等学校における第一年度通年履修、中国語専門学校・講習会などにおいて半年以上の学習程度」とあるように、全くの初心者からはじめて数ヶ月で合格できる入門者用の難易度です。
平均合格率7割強というデータもその簡単さを示しています。
正直、きちんと勉強しているならいきなり4級から受けたほうが時間の節約になるでしょう。

「最初の一歩に」「とりあえず受けてみたい」「中国語を勉強して間もない」「4級は自信がない」という方におすすめです。

4級

初心者レベルです。
公式サイトに「一般大学の第二外国語における第一年度履修程度」とあるように、これに合格すれば中国語の基礎をマスターしたと言えるでしょう。

難易度的には決して基本を上回るものではないので、それほど難しくはありません。
とはいえ、平均合格率は5割弱
易しめですがしっかり勉強しておかないとあっさり落ちます。

また、中国語検定において4級は受験人数が第2位の級となります。
きちんと勉強してきた人にとって準4級は簡単すぎるので、ここから始めてもいいかもしれません。

3級

初~中級者レベルです。
「ある程度中国語を勉強して3級から受ける」という人が多く、中国語検定において最も受験者数が多い級です。

中検は3級から本格的に難しくなってきます。
合格率は3割強
ここで長く足止めを食う人も大勢います。

ただ、難問奇問は一切出ず、あくまで基本に忠実な出題ですので、それほど気負う必要はありません。
ピンインをマスターし、文法を学び、単語を覚え、リスニング対策をしっかり行えば必ず合格できます。

中国語を既にある程度学び、これから上を目指す方にとっては通過点ですが、「とりあえず中国語が使えればいい」というのが目標の方はここをゴールに設定してもいいでしょう。

2級

中級者レベルです。
ここからかなり難易度が上がります。
何しろ認定基準のひとつが「3級程度の文章を書くことができる」です。
これだけでも2級の難しさが想像できますね。

合格率は2割前後
この数字は見た目以上に厳しいということにご注意ください。
準4級~3級までは「はじめて中国語検定を受ける人」がかなり受験者数に入っていました。
しかし2級からは「3級までの何らかの級に合格している人」がほとんどです。
つまり、歴戦の中国語検定者たちが挑んでも合格者が2割しか出ない状態なのです。

2級は「企業が就職希望者に対して求める中国語検定のレベル」としても知られています。
「これに合格すればビジネスでも中国語が使える」と認識されるのですから、難しいのも当たり前ですね。

必要な学習時間は約600時間。
1日1時間勉強しても1年半超を必要とします。

趣味で中国語を勉強している方にとっては受けないことをお勧めするほど高難易度です。

仕事で使う方、就活に活かしたい方、留学したい方などにとっては必須条件です。
頑張って勉強しましょう。

準1級

上級者レベルです。

ここから先は「どんなに勉強しても合格できない」という状況が起こりうる難易度です。
従来の一次試験に加え、日常会話や口頭での中文日訳・日文中訳などが試される二次試験(面接試験)が課されるのもこの級からです。

必要な学習時間はおよそ1600時間。人によっては2000時間を超えるでしょう。
1日1時間勉強しても5年以上かかる計算です。

合格率は1割強。狭き門です。

中検準1級に合格すれば、名実共に中国語の上級者です。
新聞や文学作品も読めますし、翻訳はもちろん簡単な通訳もできます。
誰から見ても「中国語がペラペラ」な状態です。

合格した方はおめでとうございます。
ここが事実上の頂点です。
ここから先に進むのはやめましょう。

1級

超超超上級者レベルです。

難易度的には「ヤバい」という言葉しか思いつきません。
一説によると、中国語検定1級に合格するための勉強時間は「不動産鑑定士」「税理士」「司法書士」のいずれかを取得するための勉強時間と同等とも言われています。
つまり中検1級は高難関国家資格レベルの難易度なのです。

合格率は3%
英検1級の合格率が10%であることを踏まえると、絶望すら覚える数字です。
ちなみに、1級受験者の中にはネイティブの中国人も数多くいますが、それでも合格率3%です。
本場の中国人でも容赦なく落ちる超絶難易度なのです。

「中国語に一生を懸ける」「日本でも指折りの中国語翻訳者・通訳者になる」という信念を抱く方でも、思わず再考を促したくなるほど圧倒的理不尽な難しさです。

正直、1級を取れなかったからと言って、人生にマイナスになるようなことなど何一つありません
1級に合格するための労力は、合格した後の満足感に比べれば圧倒的に割に合いません
1級を目指すのは人生を中国語試験に捧げるようなものです。やめましょう。

他の中国語試験との比較

試験名称(略称) 特徴 会場数
中国語検定試験
(中検)
日本国内では知名度、受験会場数、受験者数で最大の中国語資格。 日本国内:53都市
海外:中国とシンガポール
華語文能力測驗
(TOCFL)
中華民国(台湾)教育部が実施する中国語を母語としないものを対象とした中国語検定試験。
世界各国で試験が実施され、現在受験者の国籍は60ヶ国以上、15万人以上が受験している。台湾国内で実施される大学入学試験及び奨学金申請、中国語能力の公的証明として利用される。
日本国内:2都市
海外:台、米、仏、英などその他世界各地
漢語水平考試
(HSK)
世界中で実施されている国際的な中国資格。
中国政府が公認し、母語が中国語でない人の中国語の能力をはかることに使われる。特に中国国内の大学や、海外の企業で採用、研修の評価基準に利用される。
日本国内:24都市+ネット試験
海外:米、仏、中、韓など88の国と地域

中国語検定試験(中検)は、日本国内で活躍したい、日本国内の企業に就職したい、日本国内で通じる中国語の資格が欲しい、趣味あるいは旅行会話を学びたいといった方々におすすめです。
英語でいうと英検もしくはTOEICに当たります。

漢語水平考試(HSK)は、留学したい、もしくは日本国外の企業に採用されたいという方向けの資格です。
英語でいうとTOEFLあるいはケンブリッジ英語検定に当たります。

まとめ

趣味で中国語を学びたい、就活のために資格を取りたい、留学したい、大学入試で使いたい、中国に旅行するから勉強したい……。
中国語を学び始める理由は人それぞれです。

中国語検定試験は、あらゆるレベルにおいて実践的な腕試しが可能なテストです。
受験すれば自分の現在地を確かめられますし、合格すれば非常に役立つ資格が手に入ります。
何より、受験すること自体が中国語学習のモチベーションアップに繋がります。

年に3回しか受験のチャンスはありません。
4級、あるいは3級から、中国語検定試験をぜひ受けてみましょう。

-中国語

Copyright© 中国語を勉強しよう! , 2017 All Rights Reserved.